病院検索・クリニック検索TOP 東京都(エリア) 町田市 能ヶ谷 内科  なかの整形外科・内科

なかの整形外科・内科のロゴ画像

なかの整形外科・内科 (東京都町田市能ヶ谷)

内科、循環器科、整形外科、リハビリテーション科、リウマチ科

  • 専門医
  • 在宅
  • 駐車場
  • 女医
  • 漢方
  • 早朝
  • 夜間
  • 休日診療
  • 予約・順番
  • バリアフリー
  • 外国語
  • カード利用
  • オンライン診療
医療法人依仁会 MMSみんなの内科の外観 取材記事あり <医療機関の方へ>情報修正や求人掲載のご案内
郵便番号 195-0053
住所

東京都町田市能ヶ谷一丁目5番8号
鶴川インペリアルビル4階-A

アクセス

小田急線「鶴川駅」より徒歩0分

TEL 042-737-3669
診療科目 内科、循環器科、整形外科、リハビリテーション科、リウマチ科
休診日 日,祝
公式HP http://www.kanja.jp/nakano-seikei/
連携先施設 ・東京女子医大
・中央林間病院
・調布東山病院 など
特長 夜間診療 / 外国語対応:英語 / 専門医
予約・順番 循環器内科のみ初診電話予約あり ※循環器内科のみ再診についても予約あり
駐車場
診療時間
 
9:30-12:30
15:30-19:30※1

※1. 土曜日午後14:30〜17:30

循環器内科は、
火・水・木:18:30~19:30
土:9:30〜12:30・14:30~17:30

診療時間は変更される場合がございます。
診療の際には必ず医療機関に直接ご確認ください。

病院・医院・クリニック訪問記
  • 受付

  • 診察室

  • 待合室

医師紹介

院長 中野 裕貴

・昭和60年3月: 弘前大学医学部卒業 医師免許取得
・昭和60年4月: 東京女子医科大学整形外科学教室入局 研修医
・昭和62年4月: 東京女子医科大学整形外科学教室 助手
・平成3年3月: 社会保険中央総合病院整形外科 医員
・平成4年4月: 日本整形外科学会専門医取得
・平成7年4月: 帝京大学大学院医学研究科整形外科学 入学
・平成11年3月: 帝京大学大学院医学研究科整形外科学 卒業 医学博士
・平成11年7月: 東京女子医科大学整形外科学教室 助手
・平成12年12月: 東京女子医科大学整形外科学教室 医局長
・平成14年12月: 東京女子医科大学整形外科学教室 医局長退任
・平成16年4月: 日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医取得
・平成16年10月: 日本整形外科学会骨軟部腫瘍治療相談コーナー担当医
・平成17年4月: 日本整形外科学会認定リウマチ医取得
・平成18年1月: なかの整形外科・内科院長 現在に至る

<所属学会>
日本整形外科学会
関東整形災害学会
日本癌治療学会
日本リハビリテーション学会
日本運動器リハビリテーション学会

なかの整形外科・内科について

これからの高齢化社会に向けて地域医療の発展のために努力させていただく所存でございます。よろしくお願いします。

【整形外科】
当院は整形外科(脊椎、リウマチ、骨粗鬆症、リハビリテーション)が主な治療疾患です。 骨粗鬆症についてはレントゲン装置の他に骨密度測定装置も兼ね備えております。

【リハビリテーション科】
リハビリテーションは腰椎・頸椎牽引、ホットパックによる温熱療法、低周波装置を用いた治療も行います。

【一般内科・循環器内科】
当院では一般内科以外に循環器内科として日本循環器科学会専門医による診察を火曜・水曜・木曜の18時半から19時半と土曜の9時半から12時半及び14時半から17時半で行います。 心電図、血管年齢測定装置、心臓エコー装置による診断が可能です。 又、糖尿病治療や高血圧治療等の生活習慣病治療にも力を入れております。

実施出来る検査・設備
・レントゲン検査
・骨密度検査
・血管年齢検査
・心電図
・24時間ホルター心電図
・心臓エコー
・血液・尿検査
・各種リハビリ機器など

こんな症状の時お越し下さい
・頚の痛み 腰痛 肩こり
・関節痛、神経痛
・骨折、脱臼、捻挫、四肢外傷
・リウマチ、骨粗鬆症
・交通外傷、労災
・生活習慣病治療(糖尿病治療・高血圧治療・高脂血症治療など)

訪問員コメント

鶴川駅の改札を出てすぐ目の前の鶴川インペリアルビル4階になかの整形外科・内科がございます。 平成18年1月に「これからの高齢化社会にむけて地域医療の発展のために努力させて頂きたい」と、穏やかに微笑むのは中野裕貴院長。ソフトな語り口は優しさにあふれ、ほっと心も和んでくるようです。 整形外科・内科・循環器科・リウマチ科・リハビリテーション科・糖尿病・高血圧・高脂血症・骨粗鬆症と幅広くさまざまな病気の診療にあたるが、全ての患者さんに対し親身に寄り沿った診療を心がけているほか、「我慢せず気軽に何でも相談してほしい」と中野院長はおっしゃっていました。 また、院長先生の奥様の中野知子副院長は、循環器科がご専門で院長先生と同じく弘前大学医学部のご卒業後、長年、都心部の東京慈恵会医学部附属病院等にご勤務、ご出身が鶴川ということでこれからは地元での医療に貢献していきたいと優しくお話をされていました。