病院検索・クリニック検索TOP 香川県(エリア) 高松市 花ノ宮町 内科 医療法人社団 讃志会 花ノ宮クリニック

花ノ宮クリニックのロゴ画像

医療法人社団 讃志会 花ノ宮クリニック (香川県高松市花ノ宮町)

内科 循環器内科 リウマチ科 腎臓内科 人工透析内科

  • 専門医
  • 在宅
  • 駐車場
  • 女医
  • 漢方
  • 早朝
  • 夜間
  • 休日診療
  • 予約・順番
  • バリアフリー
  • 外国語
  • カード利用
  • オンライン診療
医療法人依仁会 MMSみんなの内科の外観 取材記事あり <医療機関の方へ>情報修正や求人掲載のご案内
郵便番号 761-8063
住所

香川県高松市花ノ宮町1丁目5番36号

アクセス

・国道11号よりおいでの場合
 国道11号線栗林公園前「ガスト」を東に500m
 「ミツカン」高松支社を北に約100m
・琴電をご利用の場合
 琴電「栗林駅」を下車、栗林公園側道路を南に100m
 突当りを右折、最初の角を左折、約50m

TEL 087-816-3555
診療科目 内科 循環器内科 リウマチ科 腎臓内科 人工透析内科
休診日 日,祝
公式HP http://www.hananomiya-clinic.jp/
特長 バリアフリー
予約・順番 初診は順番待ち
駐車場 収容台数: 16台 
診療時間
 
9:00-13:00
15:00-18:00※1

※1. 土曜日午後の診察は14:00から16:00となります。

診療時間は変更される場合がございます。
診療の際には必ず医療機関に直接ご確認ください。

病院・医院・クリニック訪問記

医師紹介

院長 山本 修平

花ノ宮クリニックは、平成20年10月に開院いたしました。
これまで患者さまに、「信頼していただき」 「安らぎの空間を提供し」 「安心して透析を受けていただく」という"あたりまえ"のことを見つめ続けながら、いままで多くの患者さまとともに歩んでまいりました。
「心のふれあいを大切にした明るい診療所」を私たちの信条とし、皆さまがより良い生活を送るための "信頼されるパートナー"を目指して今後も努力をしてまいります。

<医師情報>
医師 山本 修平
医師 小比賀 二郎

<院長略歴>
平成 2年 4月   香川県立中央病院に赴任
平成 7年 5月   滝宮総合病院に赴任
平成 8年 4月   香川県立中央病院に再赴任
平成20年 9月  香川県立中央病院を退職
平成20年10月 花ノ宮クリニックを開設

<専門分野>
◆内科一般
◆腎臓病・透析療法
◆リウマチ・膠原病
◆免疫関連疾患

<設備>
◆X線装置
◆心臓超音波
◆腹部エコー
◆甲状腺超音波
◆頚動脈エコー
◆胃カメラ
◆人工透析
◆CAPD
◆(負荷)心電図
◆ホルター心電図
 

花ノ宮クリニックについて

~ 花ノ宮クリニック理念 ~
1 患者中心医療
2 安全で質の高い医療
3 地域に開かれたクリニック
4 家庭(地域)医療に貢献する医療人への成長


以前、地域医療と言えば、へき地医療と考えられていましたが、今では都市部の地域医療も重要なテ-マとなっています。
また、高齢化に伴う要介護者の増加、生活習慣病の増加、疾病の多様化・複合化等、国民を取り巻く健康問題の現状を考えますと、今、医師に求められているものは、疾病の診療にとどまらず、家族、職場、地域を視野に入れた幅広い医療活動ではないでしょうか。 これは、まさに家庭(地域)医療そのものです。
私共は、やさしい家庭医として皆様のお役に立てるよう診療していきます。
皆様の疑問や質問に出来る限りお答えして納得の行く安心できる診療を行なうクリニックを目指していきます。
皆様がお気軽に御来院いただけるよう努力して行きます。

~ 透析室より ~
患者さんに安らいだ気分で過ごしていただけるよう、アメニティ環境も重視しました。
透析室はゆったりとしたスペースを確保。
透析中は、各ベッドに1台ずつ設置された液晶テレビをご覧いただけたり、ベッドでも、お仕事もできます。
また透析患者さん専用の休憩室もご用意しております。

訪問員コメント

 最初に伺った時の印象は受付スタッフの笑顔と印象がとてもよく感じました。
山本先生へのインタビューでは医師になろうと思ったきっかけなどを伺ったところ、小学生の頃から人の役に立つ仕事をしたいということで、医師を目指したそうです。
香川県立中央病院に赴任し、基幹病院の受け皿になる患者さまの負担を少しでも減らせる病院を作りたいとの思いで、この地に開院したそうです。
患者さまのことを一番に考える先生で、インタビューをしているうちに私も山本先生のファンになってしまいました。施設もきれいで、なんといっても患者さま優先の志高い先生やスタッフに会いに行ってください。