病院検索・クリニック検索TOP 愛知県(エリア) 名古屋市中区 新栄町 内科  やまうち消化器内科クリニック

やまうち消化器内科クリニックのロゴ画像

やまうち消化器内科クリニック (愛知県名古屋市中区新栄町)

内科,消化器内科,肝臓内科,内視鏡内科,肛門内科

  • 専門医
  • 在宅
  • 駐車場
  • 女医
  • 漢方
  • 早朝
  • 夜間
  • 休日診療
  • 予約・順番
  • バリアフリー
  • 外国語
  • カード利用
  • オンライン診療
医療法人依仁会 MMSみんなの内科の外観 取材記事あり <医療機関の方へ>情報修正や求人掲載のご案内
郵便番号 460-0004
住所

愛知県名古屋市中区新栄町1-3
日丸名古屋ビル(エスエル医療グループ)6階

アクセス

名古屋市営地下鉄東山線・名城線 栄駅 5番出口より徒歩3分
中日ビル・中区役所北向い 明治安田生命ビル東となり

TEL 052-957-2488
診療科目 内科,消化器内科,肝臓内科,内視鏡内科,肛門内科
休診日 日,祝
公式HP http://www.yamauchi-sknc.com/
連携先施設 名古屋大学医学部附属病院(名大病院)
藤田保険衛生大学病院
名古屋市立大学病院
愛知医科大学病院
名古屋第一赤十字病院
名古屋第二赤十字病院
名古屋市立東部医療センター
名古屋市立西部医療センター
国立病院機構 名古屋医療センター
 他 計31病院と連携しています。
特長 専門医
診療時間
 
8:30-12:30
13:30-15:30
15:30-16:00※1※1※1※1

※1. 予約再診のみ

診療時間は変更される場合がございます。
診療の際には必ず医療機関に直接ご確認ください。

病院・医院・クリニック訪問記

医師紹介

院長 山内 学

1985年 名古屋市立大学医学部卒業
1987年 セントラル病院内科医員
1989年 名古屋第二赤十字病院消化器内科医員
1994年 同副部長
1995年 菰野厚生病院内科医長
1997年 社会保険中京病院消化器科医員
1998年 同医長
1999年 多治見市民病院消化器内科医長  同年 同部長
2003年 名古屋記念病院消化器科部長
2012年 横山胃腸科病院内科部長
2015年 NTT西日本東海病院内科医長
2016年 エスエル医療グループ参加
     やまうち消化器内科クリニック 開院

【資格】
医学博士
日本内科学会 総合内科専門医
日本消化器病学会 消化器病専門医、東海支部会評議員
日本肝臓学会 肝臓専門医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
日本医師会認定産業医
難病指定医
【所属学会】
日本内科学会
日本消化器病学会
日本肝臓学会
日本消化器内視鏡学会
日本消化器がん検診学会
 

やまうち消化器内科クリニックについて

平成28年3月にエスエル医療グループの一員として、新しく開院させていただきましたやまうち消化器内科クリニック 院長の 山内学と申します。
 当クリニックでは、内科の中でも消化器を中心にした検査・治療を行っており、胃カメラ、大腸内視鏡をはじめ、肝臓に対する検査・治療も積極的に行っております。 消化器管に対しては、苦痛の少ない胃・大腸内視鏡検査により、消化器管の疾病に対する早期発見・早期治療に注力しております。例えば、胃がんとの関連性が高いと言われているヘリコバクターピロリ菌感染症の治療や、逆流性食道炎、胃潰瘍などの検査・治療はもとより、潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患に対しても、患者様一人ひとりが安心納得できる診療方針を立てさせて頂き、「かかりつけ医」として治療に携わらせて頂いております。
 また、近年の健康診断では、脂肪肝や肝のう胞などに代表される肝機能異常の指摘を受けられる方も多くなってきておりますが、当院ではそうした健診での異常指摘に対しても、近隣の大病院と緊密な病診連携を図っておりますので、日々の経過を患者様と一緒に管理しながら、患者様一人ひとりの病状にあった治療をご提供することで、皆様の信頼される「かかりつけ医」としてお役に立てる体制を整えております。 特に各種肝炎などは、近年治療薬の進歩が目ざましく、薬剤を用いた治療も一定の成果を上げてきており、長年悩まれている方に対しても安心して頂ける治療ができるようになっております。
 様々な専門医が集まるエスエル医療グループの一員として歩み始めたばかりではありますが、高度な専門医が同じ場所に集まっているからこそ可能な、当グループの強みを患者様に感じて頂けるよう、信頼される「かかりつけ医」として努めてまいります。

訪問員コメント

最近では企業の健康診断などでの異常指摘に対する再検査の意識が高まっていますが、大切なことは、いきなり大病院で検査することではなく、そうした指摘の一つ一つに対して迅速に受診できる、そして一人ひとりの経過を把握してくれているかかりつけ医を持つことだと思います。
 そうした意味において、山内先生は数多くの病院の内科部長を歴任された経歴が示すように、安心してかかれる「かかりつけ医」としてぴったりな先生だと感じました。
 開院して以来、いかにして患者様一人ひとりが満足して頂けるように診療体制を整えるかを日々お考えになられる患者本位の目線は、数多くのクリニックがある現在においては、かかりつけ医としての必要な要素ではないでしょうか。
 満足度の追求という点で特筆すべきエピソードとしては、胃・大腸内視鏡の検査を朝の8:30から行っているという点です。私共が「朝早いですね」と伺うと、「早い診療のほうが絶食などしている患者様にとっては、体の負担が少ないから」とサラッとお答えになられました。こうした取り組みは、思いつくことはあっても、実行できるかどうかは全く違う問題であり、患者様一人ひとりの満足度を追及する山内先生の想いの強さを感じました。
 まさに「信頼できるかかりつけ医」として申し分のない山内先生でした。