病院検索・クリニック検索TOP 東京都(エリア) 新宿区 百人町 内科  宮田胃腸内科皮膚科クリニック

宮田胃腸内科皮膚科クリニックのロゴ画像

宮田胃腸内科皮膚科クリニック (東京都新宿区百人町)

内科 消化器内科 小児科 皮膚科 漢方内科

  • 専門医
  • 在宅
  • 駐車場
  • 女医
  • 漢方
  • 早朝
  • 夜間
  • 休日診療
  • 予約・順番
  • バリアフリー
  • 外国語
  • カード利用
  • オンライン診療
医療法人依仁会 MMSみんなの内科の外観 取材記事あり <医療機関の方へ>情報修正や求人掲載のご案内
郵便番号 169-0073
住所

東京都新宿区百人町1-11-2
2F

アクセス

●「大久保」駅より徒歩1分
●「新大久保」駅より徒歩3分

TEL 03-5937-0668
診療科目 内科 消化器内科 小児科 皮膚科 漢方内科
休診日 木,日,祝
公式HP https://miyata-clinic.com/
リンク集

LINEはこちら

連携先施設 病診連携 東京山手メディカルセンター、東京都立大久保病院、国立国際医療研究センター病院、東京医科大学病院、河北総合病院
診診連携 東長崎駅前内科クリニック、いりたに内科クリニック、阿部整形外科クリニック、吉祥寺みどり内科・消化器クリニック武蔵野院、さいたま胃腸内視鏡と肝臓のクリニック 
特長 漢方 / 夜間診療 / 専門医 / オンライン診療
診療時間
 
9:30-12:30
15:30-18:30

診療時間は変更される場合がございます。
診療の際には必ず医療機関に直接ご確認ください。

病院・医院・クリニック訪問記
  • 受付

  • 待合室

  • 診察室

  • 内視鏡検査室

  • レントゲン

医師紹介

院長 宮田 直輝

2003年 台湾台北医学大学 医学部卒業
2005年 慶應義塾大学病院 初期研修
2006年 日本鋼管病院初期研修
2007年 慶應義塾大学病院消化器内科
2011年 恩賜財団済生会宇都宮病院勤務
2012年 慶應義塾大学大学院医学研究科博士号取得
2013年 テキサス大学サウスウエスタンメディカルセンター博士後研究員
2016年 国際医療福祉大学三田病院消化器センター講師
2019年 長峰整形外科・胃腸内科 副院長
2020年 宮田胃腸内科皮膚科クリニック 院長
日栄商事株式会社嘱託医

  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本内科学会認定総合内科専門医
  • 日本消化器病学会認定消化器病専門医
  • 日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医
  • 日本肝臓学会認定肝臓専門医
  • 日本抗加齢医学会専門医
  • 日本医師会認定産業医
  • 緩和ケア研修終了
  • 東京都難病指定医
  • 米国消化器内視鏡学会(ASGE)所属

非常勤医師 畑田 康政

診療日 毎月第1金曜午後、第1土曜午前 内視鏡のみ

 

  • 日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
  • 日本消化器病学会 専門医・指導医
  • 日本内科学会 認定医・指導医
  • 日本ヘリコバクター学会 H.pylori 感染症認定医
  • 日本温泉気候物理医学会 温泉療法医

非常勤医師 碓井 真吾

診療日 毎週土曜午前

  • 日本内科学会総合内科専門医、認定医
  • 日本消化器病学会専門医、指導医
  • 日本肝臓学会専門医、指導医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医、指導医
  • がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 日本医師会産業医

医師 中島 悠貴

月曜日午前 内視鏡担当

医師 宮川 明

火曜日午後 外来担当

宮田胃腸内科皮膚科クリニックについて

【理念】
全ての患者様が安心してかかれるクリニックを目指す
患者様の立場に立って考えることができる思いやりのある医療を提供する
患者様を幸せにすると同時に職員も笑顔でかつ幸せでいられるクリニックにする

【ミッション】
地域の人々に愛されるよう努め、広く在留外国人の皆様にも笑顔で寄り添い、
その健康維持の一助に資するべく、医療の提供を行うことを我々の使命とします

【バリュー】
西洋・東洋医学の融合で患者様の症状の緩和に留まらず、病因の根治を追求し、
患者様自身の体力・免疫力・自然治癒力を呼び覚まし、自己再生を促す
統合医療を提供できるクリニックを目指す
職員同士が仲良く、活き活きと楽しくやりがいを感じられるクリニックを目指す
海外の患者様にも安心して頼って頂ける、どこにもないクリニックを目指す

 

訪問員コメント

お父様が新大久保で歯科を開業しており、子供のころから人の役に立つ職業にあこがれを持ち医師を目指されたという院長先生は、土地勘もあり、多くの国の方たちとの交流があるこの地で開業されました。
出身大学は台北医科大学で、テキサス大学にも留学経験があります。台湾では、教科書も英語で、英語が勉強でき、中国語も学べて、東洋医学の勉強もできると台北医科大学を選ばれたそうです。近頃では、アキュパンクチャーとして欧米でも論文などが多く発表されているように鍼灸や気功が注目されており、西洋医学では原因不明の不定愁訴として扱われてしまう患者さんにも東洋医学をを取り入れて、多くの選択肢を紹介し、治療の幅をひろげて、どんな症状や病気にでも対応できるようにして、悩みを解決しています。
中国語・英語・タイ語など多くの言語に堪能な先生のほか、スタッフも多言語に対応しておりますので言葉の壁を感じて困っている外国籍の方たちにとっても頼りになるクリニックです。
専門は消化器内科と内視鏡ですが、日本内科学会総合内科専門医として、幅広い診療から『来院したら大抵のことは解決する』というクリニックを目指しており、診療科目も多く標ぼうされています。
皮膚科にも力を入れており、保険適用のシミ取り・エキシマレーザーから、自費診療のハイドラフェイシャルやピコレーザー、CO2レーザーまでの皮膚科治療を幅広く行っております。ニキビ・ほくろ・いぼなどの治療をできますので、気になることがあれば何でも相談にのっていただけます。
胃カメラ・内視鏡・心電図・超音波エコーなど様々な検査も受けられ、『うちのクリニックを受診すれば、どんな問題も解決できるようにしたい』とお話しされる院長先生からはかかりつけクリニックのこれからの姿がうかがえるインタビューでした。

宮田胃腸内科皮膚科クリニック