病院検索・クリニック検索TOP 愛知県(エリア) 春日井市 南下原町 内科  寺西心臓血管クリニック

寺西心臓血管クリニックのロゴ画像

寺西心臓血管クリニック (愛知県春日井市南下原町)

内科、循環器内科、心臓血管外科、麻酔科

  • 専門医
  • 在宅
  • 駐車場
  • 女医
  • 漢方
  • 早朝
  • 夜間
  • 休日診療
  • 予約・順番
  • バリアフリー
  • 外国語
  • カード利用
  • オンライン診療
医療法人依仁会 MMSみんなの内科の外観 取材記事あり <医療機関の方へ>情報修正や求人掲載のご案内
郵便番号 486-0841
住所

愛知県春日井市南下原町4-8-4

アクセス

中央線「春日井駅」下車、北口から名鉄バス「桃花台東」行き約12~13分

TEL 0568-82-0484
診療科目 内科、循環器内科、心臓血管外科、麻酔科
休診日 日,祝
公式HP http://www.teranishi-cv-clinic.xyz/
特長 バリアフリー / 外国語対応:英語対応可 / 専門医
駐車場 収容台数: 25台 
診療時間
 
9:00-12:00
16:00-19:00

診療時間は変更される場合がございます。
診療の際には必ず医療機関に直接ご確認ください。

病院・医院・クリニック訪問記

医師紹介

院長 寺西 克仁

【主な勤務先】
名古屋大学医学部付属病院
大垣市民病院
豊橋市民病院
名古屋医療センター 医長→部長
中部労災病院 部長
春日井市民病院 部長
スタンフォード大学 (USA)
ハーバード大学 (USA)
 


【資格】
医学博士
心臓血管外科専門医
循環器専門医
外科専門医
厚生省 麻酔科標榜
日本医師会認定 産業医
 

寺西心臓血管クリニックについて

この度、2017年10月に春日井市で「寺西心臓血管クリニック」を開院させて頂く事となりました。

 「心臓血管クリニック」と言いますと、多くの方にはまだまだ馴染みのないクリニックと思われるかもしれませんが、現在の日本の高血圧疾患の罹患者数は4000万人を超えており、20歳以上における比率では2.5人に一人が潜在的患者数を含め高血圧性疾患を抱えているまたはその予備軍と言われている現状を考えますと、実は多くの方にとって身近なクリックになっていくと考えております。
 生活習慣病の一つである高血圧性疾患は、放置しておくと動脈硬化を引き起こし血管に対して重大な影響を与えるだけでなく、体の中心ともいえる心臓にまで悪影響が及び、重篤な心疾患を引き起こしかねないという大変危険な疾患です。
 今まで心臓血管外科医として長年の経験と多くのキャリアを積んできた中で、私が強く感じるようになったことは「心臓の手術を行うにあたって、術前そして術後の管理をより専門性が高い医療環境の中で行えることができれば、もっともっと多くの患者様を救えるようになる」という心臓と血管に対する高度な専門性を持ったかかりつけ医の必要性でした。

 また、そうした経験を生かして2018年春からは心臓血管ドックを導入することで、大動脈瘤などの重大疾患の早期発見を可能にする体制も整えました。心臓ドックは徐々に増えつつありますが、心臓血管ドックは春日井ではまだまだ少ないのが現状です。心臓と血管の関係を有機的に理解して、正確な検査と効果的な治療を行うには心臓血管外科医としての経験が不可欠です。当院では今までの心臓血管外科医としての豊富な経験をもとに心臓と血管の専門医として地域医療に貢献してまいります。
 
 さらに、広く胸部外科という見地に立ち、二人の女性技師によるエコー検査による乳がん検診も行っております。日本人女性の特性を鑑み、マンモグラフィーでは見つけにくい早期の乳がん発見にも力を入れております。

 このように、当院では医師だけでなく看護師をはじめスタッフ全員が、胸部外科という範囲の中で血管と心臓のスペシャリスト集団として地域医療に貢献できるように日々研鑽しております。

訪問員コメント

 落ち着いた木目調の待合室などアーリーアメリカンの雰囲気漂う院内は、寺西先生が米国で長年のご経験を積まれたのを肌で感じられる作りになっています。

 輝かしい経歴からのイメージとは異なり高度な専門性のある話を分かりやすく、それでいて気さくに様々なお話をしていただく先生に心臓と血管の専門医として地域医療に貢献していこうとされている気概を強く感じました。

 CTだけでなく頸動脈エコー、心エコー、春日井ではまだまだ珍しい心臓血管ドック、高血圧症と関係の深い腎疾患を診るための腎エコーなど、まさに心臓と血管の専門家として研鑽を惜しむことなく患者様一人ひとりと相対するための設備を整え、そして、それを使いこなし的確な診療方針をご提示される豊富な経験。

 春日井近郊ではまだまだ馴染みの少ない「心臓と血管の専門医」の先生が、この地で開院されたという事は地域にとって意義深く、そして貴重なことだと感じました。

 「患者様と患者様のご家族の為に治療する」という治療方針をモットーに、無駄な検査や投薬は行わない。自己の持つ力での治療を最優先の方針に据え自分の力でカバーできない部分は薬を使って治療する。
 
 まさに、患者様一人ひとりの健康寿命にフォーカスした治療方針は、高齢化が進む我が国の国民病の一つでもある高血圧性疾患をはじめとした心臓と血管の不安に親身で寄り添っていただける頼れるかかりつけ医であると感じました。