病院検索・クリニック検索TOP 千葉県(エリア) 市川市 大和田 内科  きし内科クリニック

きし内科クリニックのロゴ画像

きし内科クリニック (千葉県市川市大和田)

内科、呼吸器内科、小児科、アレルギー科

  • 専門医
  • 在宅
  • 駐車場
  • 女医
  • 漢方
  • 早朝
  • 夜間
  • 休日診療
  • 予約・順番
  • バリアフリー
  • 外国語
  • カード利用
医療法人依仁会 MMSみんなの内科の外観 取材記事あり <医療機関の方へ>情報修正や求人掲載のご案内
郵便番号 272-0025
住所

千葉県市川市大和田2-13-26

アクセス

◆JR本八幡駅南口徒歩2分 京成トランジットバス バス停
1番のバス乗り場から「浦安駅」「新浦安駅」「行徳駅」行きバスに乗車、「一本松」で下車(所要時間約6分)、バス停より徒歩約3分。
2番のバス乗り場から「二俣新町駅入口」行きバスに乗車、「一本松」で下車(所要時間約6分)、バス停より徒歩約3分。
2番のバス乗り場から「市川駅」行きバスに乗車、「鶴指」あるいは「大和田兜橋」で下車(所要時間約6分)、バス停より徒歩約3分。

◆JR 市川駅南口 京成トランジットバス バス停
2番のバス乗り場から「本八幡駅南口」行きバスに乗車、「鶴指」あるいは「大和田兜橋」で下車(所要時間約8分)、バス停より徒歩約3分。

TEL 047-314-2001
診療科目 内科、呼吸器内科、小児科、アレルギー科
休診日 日・祝
公式HP http://www.kishi-clinic-ims.jp/
連携先施設 東京医科歯科大学医学部附属病院
東京歯科大学市川総合病院
東京ベイ浦安市川医療センター
国立国際医療センター国府台病院
特長 専門医
予約・順番 電話にてご予約ください
駐車場 収容台数: 23台 
診療時間
 
9:00-12:00
14:30-17:30

※休診日は水曜午後、土曜午後、日祝祭日です。

診療時間は変更される場合がございます。
診療の際には必ず医療機関に直接ご確認ください。

病院・医院・クリニック訪問記
  • 待合室

  • 診察室

  • 各種検査機器

医師紹介

院長 医学博士 岸 雅人

平成2年3月   千葉県立千葉高等学校 卒業
平成11年3月 東京医科歯科大学 医学部卒業
平成11年4月 東京医科歯科大学 医学部附属病院勤務
平成12年    東京都立墨東病院 勤務
平成19年    三島社会保険病院 勤務
                  (呼吸器内科診療部長)
平成27年    武蔵野赤十字病院 勤務
平成28年    きし内科クリニック 開院

•日本内科学会 総合内科専門医
•日本呼吸器学会 呼吸器専門医・指導医
•日本アレルギー学会 アレルギー専門医
•日本プライマリ・ケア連合学会 認定医・指導医
•日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 
                                 呼吸ケア指導士
•がん治療認定医機構 がん治療認定医
•日本医師会認定 産業医
•インフェクションコントロールドクター

きし内科クリニックについて

地域に根ざした家庭医、かつ高度な医療技術が提供できる専門医を理念として、この地に開院いたしました。特に長引くせきやぜん息、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、花粉症などについてはお任せ下さい。地域の皆様の健康と笑顔を守るため、優しく、丁寧で、分かりやすい診療を心がけていきたいと思っています。

◆診療方針
1.患者様の健康状態の理解につとめ、かかりつけ医としての末永い関係づくりを重視しております。
2.必要に応じ、提携高度医療機関に迅速にご紹介いたします。
3.患者様にご納得のいただける治療を行えるように、優しく、丁寧で、分かりやすい診療を心がけております。

◆診療内容
内科診療:風邪、高血圧、脂質異常症、糖尿病、高尿酸血症、胃腸炎、生活習慣病一般 呼吸器診療:風邪、インフルエンザ、長引く止まらない咳・たん、息切れ、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、ぜんそく(気管支喘息)、肺炎、間質性肺炎(肺線維症)、気管支拡張症、非結核性抗酸菌症、在宅酸素療法
アレルギー診療:ぜんそく、花粉症、スギ花粉症舌下免疫療法、アレルギー性鼻炎、呼吸器アレルギー検査
その他の診療:禁煙治療、いびき(睡眠時無呼吸症候群)、漢方治療 、各種健康診断(生活習慣病健診、市民健診、雇用前健診) ワクチン(インフルエンザ、肺炎球菌)小児呼吸器診療、小児アレルギー診療 対応致します。

◆診療設備
・心電図、レントゲン撮影装置
・モストグラフ 長引く咳、ぜんそく、COPD(慢性閉塞性肺疾患)の診断に有用です。
・呼気一酸化窒素ガス分析装置 
   長引く咳、気管支ぜんそく、咳ぜんそくの診断に有用です。
・スパイロメトリー 肺年齢を測定できます。
・一酸化炭素濃度測定器  禁煙治療に用います。

訪問員コメント

小学生の時、病気に苦しみ足腰が痛くて動けない祖父母を見て岸少年は医師を志したそうです。苦しんでいる人を少しでも楽にしてあげたいと言う純粋な気持ちを持った少年がそのまま大人になり、念願だった地域医療を行う為にきし内科クリニックを開院しました。 先生は呼吸器やアレルギーをはじめ多くの専門医・指導医の資格もお持ちですが、その中でも特に注目して頂きたいのが「総合内科専門医」というところです。皆さんはあまりご存知ないかかもしれませんが取得するのが非常に大変な資格です。現代の医療は医療の細分化が進んでおります。細分化により、より専門性が高くなっているものの、弊害として横断的に診療ができていない、つまり患者さんが抱えている問題点を複合的に診療されていないのが現状です。 いくつもの病気を抱えている患者さんを総合的に看てくれるのが「総合内科専門医」の先生です。私だったらそんな資格を持っている先生にかかりつけ医になってもらいたいと思います。