病院検索・クリニック検索TOP 大阪府(エリア) 大阪市北区 曽根崎 心臓血管外科 医療法人見宜堂 梅田血管外科クリニック

梅田血管外科クリニックのロゴ画像

医療法人見宜堂 梅田血管外科クリニック (大阪府大阪市北区曽根崎)

血管外科、下肢静脈瘤レーザー治療

  • 専門医
  • 在宅
  • 駐車場
  • 女医
  • 漢方
  • 早朝
  • 夜間
  • 休日診療
  • 予約・順番
  • バリアフリー
  • 外国語
  • カード利用
医療法人依仁会 MMSみんなの内科の外観 取材記事あり <医療機関の方へ>情報修正や求人掲載のご案内
郵便番号 530-0057
住所

大阪府大阪市北区曽根崎2-1-12
国道ビル5F

アクセス

JR東西線『北新地駅』から徒歩4分
大阪市営地下鉄 谷町線『東梅田駅』から徒歩5分
大阪市営地下鉄 御堂筋線『梅田駅』から徒歩6分

TEL 06-6232-8601
診療科目 血管外科、下肢静脈瘤レーザー治療
休診日 木・日・祝
公式HP http://www.umeda-vvc.com/
特長 専門医
診療時間
 
9:00-13:00
14:00-17:00

水曜日午前診のみ9:00~12:00まで
月曜日、火曜日、金曜日、土曜日の午前は手術日です。

診療時間は変更される場合がございます。
診療の際には必ず医療機関に直接ご確認ください。

病院・医院・クリニック訪問記
  • 受付

  • 待合室

  • 診察室

医師紹介

 古林 圭一

2000年 大阪医科大学医学部 卒業 2000年 大阪医科大学附属病院 勤務 2001年 大阪府三島救命救急センター 勤務 2006年 医療法人 春秋会 城山病院 勤務 2013年9月 梅田血管外科クリニック 開院

医学博士 日本脈管学会脈管専門医 日本循環器学会専門医 日本外科学会専門医 腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医 胸部大動脈瘤ステントグラフト実施医 血管内レーザー焼灼術実施医・指導医 植込み型除細動器(ICD) /ペーシングによる心不全治療(CRT)治療医

梅田血管外科クリニックについて

はじめまして。このたび平成25年9月に大阪・梅田にて下肢静脈瘤レーザー治療専門クリニック、「梅田血管外科クリニック」を開院させていただくことになりました古林 圭一(ふるばやし けいいち)です。 大阪医科大学医学部を卒業後、大阪医科大学附属病院、大阪府三島救命救急センター、医療法人 春秋会 城山病院では、血管外科の専門医として多くの経験を積んでまいりました。 弁膜症、虚血性心疾患に対する心臓手術や大動脈瘤、大動脈解離といった大血管手術から、閉塞性動脈硬化症といった末梢動脈疾患に対する治療を、カテーテル治療を交えて、患者、疾患に応じて選択し、手術を行ってきました。 また、下肢の血管外来を開き、動脈、静脈、リンパ管に限らず診察、治療を行ってきました。中でも“足の血管がコブのように浮き出る『下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)』”の治療を中心とした下肢血管の治療実績は1,000件以上にも及びます。 この豊富な経験を活かし適切な外来診療と検査のもと、現在の病状や今後の治療(手術)について詳しく説明を行い、最新の医療レーザーを用いて患者様にとって安全で安心な痛みの少ない下肢静脈瘤治療を提供できればと考えております。

訪問員コメント

『梅田血管外科クリニック』は2013年9月に開業されました。 まるでエステサロンのような印象を受ける素敵な医院です。 院長の古林先生は他の医院で、心臓外科手術をいまでも数多くされている血管外科のスペシャリストなのです。 その血管のスペシャリストである古林先生は『下肢静脈瘤のレーザー治療』を多くの人に知って頂きたいという想いが強く、重篤な病気への取り組みも当然大切ですが、日常にあるちょっとした痛み、痒み、それを取り除くことも日常生活の快適さを生む為にとても大切な事だとお話しされていました。 また、下肢静脈瘤のレーザー治療は保険適用で身近なものになっているにも関わらず、関西で専門医も少ないため治療の認知度アップ、普及のため講演活動などもされています。 患者様と向き合う時の心掛けとして『自分の母親を看るように患者様と接する』と爽やかにその熱い思いをお話される先生でした。