病院検索・クリニック検索TOP 埼玉県(エリア) 東松山市本町 本町 内科  むさし松山脳神経外科クリニック

むさし松山脳神経外科クリニックのロゴ画像

むさし松山脳神経外科クリニック (埼玉県東松山市本町本町)

内科、脳神経外科、放射線科、リハビリテーション科

  • 専門医
  • 在宅
  • 駐車場
  • 女医
  • 漢方
  • 早朝
  • 夜間
  • 休日診療
  • 予約・順番
  • バリアフリー
  • 外国語
  • カード利用
医療法人依仁会 MMSみんなの内科の外観 取材記事あり <医療機関の方へ>情報修正や求人掲載のご案内
郵便番号 355-0015
住所

埼玉県東松山市本町本町1-7-22

アクセス

電車で来院される方
東武東上線 東松山駅 東口より徒歩12分

お車で来院される方
高速道路 関越道 東松山インターより15分 地図を参照

TEL 0493-22-0071
診療科目 内科、脳神経外科、放射線科、リハビリテーション科
休診日 木・日・祝
公式HP http://www.634m-nsc.com/
連携先施設 順天堂大学附属順天堂医院
埼玉医科大学国際医療センター
埼玉県立循環器呼吸器病センター
東松山医師会病院
特長 外国語対応:英語 / 専門医
診療時間
 
9:00-12:30
15:00-18:30

土曜日は午前診療のみ

診療時間は変更される場合がございます。
診療の際には必ず医療機関に直接ご確認ください。

病院・医院・クリニック訪問記
  • 落ち着きのある待合室

  • MRI(従来の半分以下の検査音で、音楽を聴きながら検査できます。

  • 診察室(検査結果(画像)をその日のうちに説明しています)

医師紹介

院長 中山 利行

埼玉県立浦和高校卒業
群馬大学医学部卒業
順天堂大学付属医院並びに関連病院
順天堂大学大学院卒業
米国国立衛生研究所国費交換客員研究員
済生会川口総合病院脳神経外科部長を経て当院開設

医学博士
日本脳神経外科学会認定脳神経外科専門医
日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
日本頭痛学会認定頭痛専門医
日本抗加齢医学会専門医
日本医師会認定産業医
身体障害者福祉法第15条指定医

むさし松山脳神経外科クリニックについて

平成23年11月15日、東松山市本町1丁目の地に、脳神経外科・内科・リハビリテーション科・放射線科のクリニックを開院致しました。 地域住民の皆様の健康増進に貢献出来ますことを願っております。 私はこれまで大学病院や公的病院を中心に脳疾患に対する救急診療・臨床診療に携わって参りました。脳血管障害をはじめとする脳疾患では、時として機能上、重要な領域が損傷されてしまう場合があります。 診療技術は年々確実に進歩しておりますが、中枢神経領域ではひとたび障害されてしまうと集中治療をもってしても、残念ながらしばしば損傷部位に応じた後遺症を遺残してしまいます。こうした疾患の特殊性から理想的には発症後の治療よりも、発症前(いわゆる未病)の段階で予防出来る部分を確実に予防していくことが非常に重要かつ効果的であります。 また万が一、発症した場合には”Time loss is brain loss”と言われるように可能な限り早期発見・早期治療が実践されることが理想であります。厚労省のデータでは要介護状態となった原因では群を抜いて脳血管疾患が第1位であり、更に介護度が上がるに従い脳血管疾患の占める割合は一層大きくなっております。そう考えますと脳血管疾患は、発症してしまうと社会を支える側から支えられる側へと突如として立場が逆転してしまうことのある、社会的損失インパクトの非常に大きな疾病であると言えます。 生産的・健康的に年齢を重ねていくためには脳卒中の予防と早期発見・早期治療がきわめて重要であろうと、これまでの臨床経験からも強く感じております。 当クリニックでは32ch受信コイルおよび静音装置搭載の1.5T MRI装置を導入しており、検査に伴う被ばく無しに広範囲でのより精度の高い検査を快適に受けて頂ける環境を準備致しました。最新鋭機器を使用した質の高い画像診断による脳実質・頚動脈・脳血管領域疾病の早期発見はもちろん、未病の方に対しては、質の高い脳ドックを提供し脳実質・脳血管の今の状態を共に認識し共有したいと思っております。 もちろん最新鋭の医療機器に頼りきりになるのではなく、病歴聴取・神経学的所見と画像所見を総合して個々の患者さんを診察し、動脈硬化促進因子である高血圧・糖尿病・脂質異常症などの内科疾患の評価・治療や禁煙などの生活改善を少しでも多くの方が達成出来るよう助力致します。その上で、当院で治療できる病気はしっかりと治療させて頂き、より専門的な検査や治療が必要な状態であればより高度な専門病院を紹介させて頂きます。 専門分野以外ではスピーディで質の高い遠隔読影システムを導入致しましたので、診療所間での連携により地域の患者さんに地元での安心と利便性を御提供出来ると思います。具体的にはリウマチ診断および腰痛・頚部痛等での脊椎症、肩関節症や膝関節症診断、コントロール不良の高血圧症例では腹部大動脈から腎動脈描出、その他、大腿動脈・下肢静脈等の脈管系、胆嚢・門脈描出等の内科領域の画像診断、前立腺や婦人科系疾患にも対応致します。 MRIは検査に伴う被ばくが無いという点から繰り返しの経過観察に適しております。また当院にはマルチスライスCT, X線装置もございますので、外傷や肺癌精査の際には迅速な対応が可能であります。地域の画像センターとしての役割を担えれば幸甚であります。 また最新のリハビリテーション機器も設置しました。各種関節や筋・筋膜の疼痛緩和、症状の緩解にお役に立てればと思っております。 当院受診をきっかけとして皆様の一人でも多くの方に脳を始めとして自身の体に興味を持って頂ければ幸いです。私達は皆様の年齢に応じた理想的な健康状態の獲得をお手伝いできますよう精進努力して参ります。 不快な症状や心配ごとでお悩みの方は、お気軽に私どもにご相談下さい。 地域の皆様の健やかなご発展を心から願っております。どうぞ宜しくお願い致します。

訪問員コメント

救急での数々の経験から、もう少し血圧をコントロールしておけば・・・とかこんなに大きくなるまで動脈瘤を放っておかずに小さいうちに気づいていれば・・・などと思うことがよくあったそうです。脳疾患は発症後の治療ももちろん大切ですが、発症してからでは、多くの例で後遺症が残ってしまうので、発症を予防することが大切だと常々感じていたそうです。 東松山をはじめ埼玉県には、中枢神経を診る医師が少なく、早期治療開始を必要とする脳疾病患者さんに少しでもお役に立てるようこの地に開業されました。 圧迫感を軽減するため窓を設けた空間に、最新のMRIを設備してあり、音楽を聴きながらの検査も可能とのことです。 MRI検査は、被爆を伴わないので、体に優しく、疾病の有無を確認するのには最適で、その日の検査結果をその日のうちに知らせてくれます。脳神経外科・脳卒中・頭痛の専門医の院長先生は、手術を必要とする場合には信頼できる専門医を紹介してくれます。 社会的ロスの大きい脳卒中。どのような予防をするか?良い年のとり方とは?上手な年のとり方とは?を考え、健康寿命を出来るだけ長くしていきたいとおっしゃっていました。